読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hdnprgの日記

アンドロイド、ヒューマノイドを扱った小説を、思いつき次第公開します。諸事情により、他サイトでも投稿中@hdn_prg

【艦隊これくしょん解体SS】窓の無いあの部屋で

はじめに

ブラウザゲーム艦隊これくしょん」の二次創作作品となります。

暗いお話です。直接的な描写ではありませんが、少々キツイ表現がございます。

※設定改変がございます。ご注意ください。

 


解体作業室へ向かう廊下、明るい窓の前にベンチがおかれている。ベンチの横には小机があり、花瓶には黄色い菊が活けられている。

進められるままベンチに腰掛け、窓の外を眺める。
入り組んだ岬に抱かれた、こじんまりとした港だった。港を抱え込んだ岬の間に、ごく短く、水平線が見える。初めての海、潮の香りが心地よい。

手前の港には、小舟や、数隻の大型輸送船が留められている。いくらかの人々が、一目散に走り抜け、或いは何人かと談笑しながら、行き交っている。

突然、肩を掴まれる。私は、いつの間にかベンチから立ち上がり、窓枠に手をかけていた。
呼吸を深く一つつく。光が溢れる窓辺から、手を離した。

やがて私は、通路の突き当たりの部屋に案内される。
入った部屋には窓が無く、機械油のにおいが染み着いている。びっしりと工具が並ぶ棚に囲まれて、白いビニールシートが敷かれたベットが置かれている。

茶碗に注がれた白い飲み物を差し出される。口に含むと、ハッカの香りが広がる。飲み干して、茶碗を返すと、私は独り部屋に残される。ベットに向かい、腰掛けると、ビニールシートがパリパリと音を立てて身体を受け止める。そのまま、仰向けになる。
薄暗い部屋の中、胸が破れそうなほどの鼓動と呼吸を紛らわすため、そっと歌を紡ぐ。

我は海の子白波の
さわぐいそべの松原に
煙たなびくとまやこそ
我が懐かしき住みかなれ

無骨な裸電球を眺めて数分、違和感を感じる。腕が、脚が、首から下が、信じられないほどぐったりと重くて、動かない。
「解体」が、いよいよ始まる。

生まれてしおにゆあみして
なみを子守の歌と聞き
千里寄せくる海の気を
吸いてわれべとなりにけり

扉が開く音がする。
ベットの周りに足音が響き、工具を手に取る金属音が響く。
目の前に青い布切れが現れた。眼前が蒼くなり、すぐに真っ暗になった。なにも見えない。

高く鼻突くいその香に
不断の花のかおりあり
なぎさの松に吹く風を
いみじき楽と我は聞く

暗闇の中、時折身体が強く引かれて滑る感触だけがある。
突然、左足が軽く持ち上がるのを感じた。膝から先の、感覚がない。

丈余のろかい操りて
ゆくて定めぬ波まくら
百尋千尋の海の底
遊びなれたる庭広し

なにも見えないけど、私にはもう、手足がない。

幾年ここにきたえたる
鉄より堅きかいなあり
吹く塩風に黒みたる
肌は赤銅さながらに

何か、荷物を下ろす音がする。
左脚の断面に、針のような物が差し込まれる。

私の身体は、ついに、首から上も動かなくなっていく。

波に漂う氷山も
来たらば来たれ恐れんや
海まき上ぐるたつまきも
起こらば起れ驚かじ

もう、なにも分からない。
重い幕に包まれたような、圧迫感だけがある。

何も見えない、何も聞こえない。
私は首だけになってしまったのだろうか?

窓から覗いた海の匂いを思い返す。
いつまで、「歌い」続けられるだろうか。

いで大船に乗出して
我は拾わん海の富
いで軍艦に乗組みて
我は護らん海の国

ふっと、覆い被さっていた幕が消えた。
意識が、どこか深くへ引き込まれる。
ああ。
元居たところへ還るんだ。

つぎに生まれるときは、海を走れれば、いいな。