読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hdnprgの日記

アンドロイド、ヒューマノイドを扱った小説を、思いつき次第公開します。諸事情により、他サイトでも投稿中@hdn_prg

ささやかなうそつき【少年型ロボットと男性の日常】

その部屋には、二つの人影があった。
一つは、ソファに深く座り、タブレットPCを叩きながら難しい顔を浮かべている。部屋着も頭髪も清潔にしているが、無精ひげだけはそのままにしていた。
もう一つは、壁に背中を預けて、窓の外をぼんやりと眺めている。カーテンの隙間から夕暮れの光が差し込み、なめらかな金属板で形作られた顔を照らした。男性で未発達、つまりは少年型のロボットだった。カメラアイに、日差しが直接当たる。
「むう…」
直射日光に、堪らずに眼を細めると、長いまつげがきらきらと輝く。
いかにも面倒くさそうに、ゆっくりと立ち上がると、窓を挟んで反対側の壁に向かう。立ったまま壁に身体を預けると、ずるずると壁を擦りながら床に座り込んだ。
 

男が、タブレットを叩くかすかな音だけが、部屋に響く。

 

男の持つタブレットには、ロボット部品の通販サイトが表示されている。

部品を選ぶには、どうしても、少年の型番が必要だ。

「説明書を見てもいいけどな…」

男は、タブレットから顔を上げ、部屋の隅に座る少年を見る。

 

無精ひげの男は、ソファから立ち上がり、少年の正面にしゃがみ込んだ。男と少年の目線が、同じ高さになる。
 
「足の裏見ていい?」
男は、真顔だ。
「いや、だから、そこは…」
少年は、男から眼を逸らしながら、唇をかむ。

脚を守るように、両手で抱え込んだ。

「どうして嫌なんだ?」
「えと…ぼく、ロボットでさ、足の裏に、文字があるじゃん…」


男は、少年の返答を聞いて首を傾げる。
少年の足裏には、確かに文字が入っている。土踏まずの部分に、少年の型番や製造番号等が、刻み込まれている。
だが、それを見せたがらない理由が判らない。
少年がロボットだというのは、すでに丸見えだ。男の立っている正面からでも、膝に入った丸い部品が少年の脚を支えているのが見える。
 
「でも、見たい」
男の結論は、まあいいか、押し通せ、というものだった。
 
「…」

少年は、顔を伏せて、震えながら足を差し出す。

男は、タブレットのカメラで少年の足裏を撮影する。
 
男は、足の形に見とれたか、カメラ越しにしばらく少年の足を見ていた。
なんとなく、足裏の文字を指でなぞる。
「…えへっ、くすっ」
顔を伏せたままの少年が、思わず声を上げる。
「くすぐったいか」
男は、

こちょこちょ


「あはははは、やめっ、はははは、やめて、はは」

「ぜったいに、ははは、こうなる、ぎゃははは」
笑いながら、なんとか声を出す少年。
「じゃあ、どうして嘘なんかついたっ。それっ」
「あはははは、僕は嘘は、つけないよ、ぎゃははは。でも、言ったら、はぁっ、せったい、ぎゃはは、くすぐるじゃんかっ、ははは。言いたく、なかったんだっ」

「そういうのをな、はぐらかすっていうんだ」

「知っ、てる、よ、ははははは」