読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hdnprgの日記

アンドロイド、ヒューマノイドを扱った小説を、思いつき次第公開します。諸事情により、他サイトでも投稿中@hdn_prg

【掌編】ロボットもの 匂やかな少女たちの喜戯

Tシャツの裾を掴み、まくりあげる。白い、つややかな背中が現れる。
「きれいね」
私は、背中に指を当て、そっとなで上げる。
「ははは、くすぐったいからやめてよ、もう」
ころっと丸く、小さな頭。ゆるやかに巻いた、鮮やかな銅色のヘアがくるんでいる。
「うん、やめたげる」
指を背中から浮かせて、すっと上へ。銅色の髪に差し込む。そのまま後頭部にあてがう。
「ねえ」
「なに?」
私の呼びかけに答えて、小さな頭が回る。銅髪の下から、ルビー色の瞳がこちらを見つめる。
私が黙っていると、この子はすっと息を吸い込み、頬を膨らませる。

ここだ。
後頭部に当てた指。
力を込める。
押し込む。
柔らかい感触。
そして、硬いもの。
カチリ。

ルビー色の瞳が、わずかに揺れる。
私は、私の顔を、ほんの少しだけずらす。
ルビー色の瞳は私を追わずに、ピントがずれたまま、きらりと光った。

この子の、ほんの少し開いた唇。その間から、ふーっと息が漏れて、私の顔に当たる。
私はたまらずに、この子の唇を、私の口で塞ぐ。漏れる息を吸い込むと、とろりと甘かった。

思っていたより、遙かに甘くて、美味しい。離れられない。私は、眼を閉じて味わった。
この子が吸いこんだ息を、私がどんどん吸い取っていく。私の胸越しに、息で膨らんだこの子の胸が、しぼんでいくのを感じた。

まだ、まだ行ける。
と、突然息が止まる。びっくりして、眼を開けると、ルビー色の瞳と目が合う。
びっくりして見開いた、私のエメラルドグリーンの瞳と、とても楽しそうに細められるルビーの眼。

後頭部が押し込まれる感覚。
コチリ、と音が響き
なにも感じなくなった。

極熱に散る桜(上)【メカバレ・残虐な表現あり】

残酷な表現(メカバレ表現を含む)があります。
また、このお話には男性しか出ません。
それでは、どうぞ。

 

<直也>
夕方、開店前の店内を掃除。俺は手を止め、店を見渡す。
俺は、この店のトップホスト。夜のひととき、花開くような最高の夢を見せている。
でも、あの日以来、俺にとってこの店は針のむしろの上のようだ。
ああ、しかし、俺は店を辞められない。

バックヤードの扉が開く。フロアに出てきたのは、すっと線が通った青年。俺を見つけると、ふわりと笑う。あいつが笑うと、あたりがパッと明るくなったように見える。先月、オーナーが買ったアンドロイドで、桜という。
俺は、あいつに駆け寄りたくなるのを必死にこらえて、目を逸らす。オーナーがレジ台に立っていた。暗い目を、じっとこちらに向けている。
俺とオーナーは、ホストと雇い主以上の仲だった。桜が来るまでは。オーナーは、オーナーを捨てた俺と、俺を奪った桜を深く憎んでいる。俺が店を辞めれば、桜はすぐにでもスクラップにされるだろう。
ああ、でも、俺にとって、この店の空気は黒く重い泥のようだ。居心地が悪い。俺の売り上げが下がってきている。ヤバイぞ。

<桜>
直也、どうしたのかな?
最近、ずっと素っ気ないし、目を合わせてくれない。なにか気に障る事したかな?


<直也>
どんよりと曇ったある日、店に出ると、オーナーが声をかけてきた。目を黒く光らせ、満面の笑みを浮かべている。俺は背筋に冷たいものを感じた。
オーナーは、桜の頭部にヒーターを仕込んだ、と言ってきた。俺の行動次第で、遠隔起動させるつもりらしい。
オーナーが見せた、スマホの画面。地味なアイコン。タンタンっと叩けば、桜は壊れる。

桜、お願いだから話しかけないでくれ。悲しい顔しないでくれ。お前の為なんだ!


<直也>
桜の頭にヒーターが埋め込まれてから一週間。
桜の廃棄日を通告されてしまった。明日の明け方にヒーターの電源が入るそうだ。
閉店からは一緒に過ごして良いと言われた。
壊れた桜の、廃棄処理をすることが条件だ。俺は受け入れるしかなかった。

<桜>
今日は直也の家に泊まる。久しぶりだ。楽しみだなぁ。
そんでもって、この頃機嫌が悪かった直也が、今日は暇さえあれば僕に付きっきり。
まるで別人みたいだ。でも、なんで泣いてるの?

 

<桜>
店が閉まった後、アフターを断って直也のアパートに遊びに行った。

直也は、僕が、今日の朝までしか生きられないと教えてくれた。

その後は、でも、特別なことは何もしなかった。
前に遊びに来たときと同じように、お風呂に入って、リビングでだらだら過ごしてる。
最近の直也の態度の理由がわかって、直也にはひたすら謝られた。僕だって、初めから知ってれば、直也に話しかけて苦しませるようなこと、しなかったのに。

<直也>
どこで朝を迎えるか、二人で話し合った。リビングのソファで、水を入れたバケツを置いて待つことにした。
桜の耐水機能は、加熱されると、ゴムが劣化してすぐに失われるそうだ。桜を水に突っ込めば、熱にもがき苦しむのを見ずにすむかもしれない。


<桜>
直也と一緒に、その時を待つ。体がわずかに痙攣する。緊張のせいだよ、まだ大丈夫だから。そんな顔をしないで。

<直也>
桜を腕に抱いて過ごす。いろいろなことを話す。桜が初めて店に来たときのこと、桜の前の主人のこと。オーナーの事が出ると、会話は気まずく途切れた。
時折、桜が震える。その度に俺は確認して、桜が首を振る。俺は桜の肩を持つ手に力が入る。


<桜>
やがて、時計が6時を指す。僕は、直也の肩に左手を回したまま、じっと待った。耳が痛いほどの静寂。直也が身じろぎして、ソファが軋む。
突然、僕の目の焦点が合わなくなる。気づいてすぐに直したけど、今度は頭がけだるい。僕の肩に掛かる、直也の手を握る。直也が振り向く。直也は目を見開き、顔色が変わる。僕、一目見てわかるほど危ないみたい。

なお…や……

 

続く

透明な絶望 (デスゲームもの)

透明な球体。
人の背丈を超える大きさの風船に向かって、全力疾走。
風船が弾み、俺は反動をそのままに反転、部屋の反対へ向かって走り出す。

俺とキルシュは、死のゲームに投げ込まれた。
ざっと見たところ、参加者は数十人ほどだった。
球形の風船。「ワクチン」と呼ばれるこの物体が、体育館ほどの空間にびっしり並べられていた。

この中を、ひたすらに走り回る。"動けなくなったら死"。自我を抜かれ、ぐったりとした廃人になる。

ブザーが鳴った瞬間から、俺たちの身体の自由は奪われた。

ゲーム開始から10分。

俺は、目の前のワクチンに向けて全力で突っ込む。ワクチンの向こうに、キルシュが居る。ワクチンと壁に挟まれた小さな隙間の中、震えるように動き続けているキルシュが!

「やめろおおおおおおおお!」
叫んでも身体の自由は利かない、止まれない!

俺とキルシュの、目が合った。
キルシュは、泣きながら微笑んだ。
「ああああああああああああああああああああああああ」
俺の身体は、全力でワクチンに体当たりした。
ワクチンが動き、キルシュの最後の隙間を奪う。

キルシュは動きがとれなくなる。
キルシュの身体の力が、すっと抜けた。

俺の身体は反対方向に走り出す。キルシュの最後を娶ることもできず、背を向けるしかなかった。

次にキルシュの元に来たとき、キルシュは変わり果てた姿となっていた。
キルシュの眼は虚ろに見開かれ、倒れるスペースもない中で、ワクチンに押されて揉まれ、首だけがガクガクと動いていた。
俺の身体は、キルシュに構うことなく、ワクチンに体当たりした。キルシュの首が揺り動いた。涙が止まらなかった。

結果、俺はゲームの終わりまで生き抜いた。
部屋の隅へ向かい、ワクチンの向こうのキルシュを見る。
ワクチンを退け、倒れかかるキルシュの身体を支えようと手を伸ばし、

そこで俺の意識は、途切れた。


ゲーム終了。すべてのレプリカントを停止。
レプリカント「ジン」も停止。
風船から解放されたレプリカント「キルシュ」は、「ジン」の腕をすり抜け、床に倒れた。
実験終了。現状を写真撮影により保全した後、撤収する。

【小説、状態変化描写あり】思考加速用スライムヒューマノイド

私は、大きなリクライニングソファを限界まで倒すと、ゆったりと腰掛ける。

部屋の中を見回す。広くない部屋には、私が座っているソファの他に、デスクと大きな機械が設置されている。

部屋の扉が開き、誰かが入ってくる。首元に識別のためのチョーカーをはめた、人間にそっくりのヒューマノイドだ。
ヒューマノイドはとても美しい、中性的な顔を持っている。"彼女"ならば、男でも、女でも、酔わせることができるだろう。羽織っていた白いコートを脱ぐと、一糸まとわぬしなやかな身体が現れる。

彼女は、機械に接続された太いプラグを掴み、背中のアダプターに繋いでいく。コードを引きずりながら、ソファの横に立ち、膝を立てて私と目線を合わせた。
彼女が、満面の笑顔を浮かべると、ほのかに甘い香りが漂う。すっと、右手を差し出す。
「どうぞ、よろしく!」
「ああ」
私も右手を差しだし、握手を交わした。

彼女が、私が腰掛けているソファーに乗る。ソファーが、軽くきしむ。私は、ソファに座ったまま、彼女に覆い被さられる格好になった。
彼女が舌を出す。異常に長いピンクの舌を、私の舌と絡ませる。そのまま、舌の力で強くひきつけられる。視界のすべてが彼女の顔で埋められる。彼女の目は、楽しそうに輝きながらも、私をまっすぐ見つめている。

私の真上に乗った彼女の肌が、白く輝き、徐々に青く透き通っていく。彼女の顔の輪郭が崩れ、流れて、私の顔の上に垂れると、そのまま私の頭をすっぽりと包み込んでいく。身体も、スライム状に溶けた彼女の身体に覆われていく。私は、透明な彼女の中に浮かんだような状態となった。

スライムで覆われた私の口から、"味が聞こえる"。指の先から、彼女の"笑い声が見える"。感覚が交錯しして、意識がスライムの中に浮かび上がる。

「いっくよー!いい?」
足の先から、彼女の"意志が見えた"
口はスライムでいっぱいで、どうやって返答していいか分からない。とりあえず肯定の意志を"声に出そう"と意識する。すると、足の先を通じて"彼女に意志を伝える音が聞こえた"。

「よーし、とりあえず10秒だよー!」
次の瞬間、私は情報の大波に飲まれた。
皮膚から、骨から、舌から、耳から、背中から毛髪の一本一本にまで、情報がそそぎ込まれる。

10秒が数時間にも感じるほどの奔流のあと、私に再びスライムの感触が戻ってきた。
「おつかれさま!しばらく休んでねー!」
スライムが、全身をもみほぐしてくれる。そそぎ込まれた情報を租借しながら、私は、心地よさに体を任せた。

ショッピングモールへお出かけ_ロボットのいる日常

ロボットは、シートに深く腰掛け、外を流れる景色を眺めていた。ロボットは若い女性を象った顔を持ち、オーナーである家族の家事手伝いをしている。

ロボットのオーナーは、月に1度、車で1時間のところにある大型ショッピングモールへ買い物に向かう。
車を走らせてすでに半刻以上、車内はラジオの音だけが響いている。初めは盛り上がっていた少年も、後部座席で携帯電話を触っている。車を運転する男は助手席の女性から缶コーヒーを受け取り、口に含んだ。

ロボットショップは、店内に入ってすぐのところにある。
オーナーが買い物を楽しむ間、ロボットはショップに預けられ、点検と調整を受けるのだ。
広い間口を備えたショップ前に、端末を構えた店員がずらりと並び、入店した客から次々とロボットを受け入れている。
女性は、店員と手短にやりとりすると、ロボットを店員に預け、伝票を受け取る。店員は、ロボットに管理タグを渡す。自分の手首にタグを巻き付けたロボットが顔を上げると、女性はすでにこちらを見ておらず、家族と共にショッピングモールの奥に向かうところだった。いつもの光景だ。
ロボットは、ロボットショップの店内に入り、他のロボットと共に点検の順番を待つ。

夕方、オーナーたちはショッピングカートに荷物を満載してやってきた。
ロボットショップで支払いを済ます。点検の結果、今回は特に異常が無かったようだ。
ショップから出てきたロボットは、カートを押してオーナーたちの後を歩く。点検後初めての仕事は、車への荷物の積み込みだ。

【小説】アオのたましい【男の子メカバレ表現あり】

テーブルに手を伸ばし、ひも付きのしおりを拾い上げる。
私がそっと顔を上げると、端正な少年の姿があった。
少年は、ソファに深く腰掛け、ゆったりとテレビを観ている。
私はしおりを本に挟むと、音を立てないようそっと本を閉じた。
テーブル上のグラスを手に取り、残っていた麦茶を口に流し込む。喉が、こくり、と大きな音を立てる。

夕食を終え、のんびりとした時間が流れる。
洗い、拭ったばかりの食器がガラス戸の棚に整然と積まれている。

テーブルの上には、グラスが一つ。棚の中の食器も、一組だけだ。私の目の前にいる白い肌の少年は、食べ物を口にしない。
家庭用アンドロイド、と呼ばれている。
塵一つない清潔な床、おひさまの臭いがする真っ白なタオル。すべて彼のおかげだ。

私は空になったグラスを手に取り、冷蔵庫に向かった。
テレビの派手な笑い声が、背後から追いかけてきた。
ボトルを傾けると、透明なグラスが、涼しげな焦げ茶の液体で満たされた。

私は、グラスを手にリビングに戻った。少年は、テレビ画面を見つめ続けている。
ソファの上から、少年の草色の髪が見える。丁寧に梳かれた髪が、ふわりと白いうなじにかかっている。うなじには青い……あれ?

私は、そっと少年の後ろに立ち、うなじをのぞき込んだ。確かに、青いものがくっついている。半透明で、やわらかそう。

私は、ソファの後ろから手を伸ばし、少年の肩を叩いた。いつもならすっと振り返ってくれるのに、とてもゆっくりと、どこまでもゆっくりと肩を回した。

私はたまらず、ソファの正面に飛び出した。手にしていたグラスをテーブルに叩き置くと、少年の顔をのぞき込む。少年の目は、意識が半ば夢の中にあるように、とろりとしていた。


私は、少年の頭を両手で挟み込んだ。すると、少年の瞼はさらに閉じられた。少年は、小刻みに震えだした。

私は、しばらく呆然としてしまった。

少年の肩に青いゼリーが流れてきた。私はようやく我に返り、少年の頭を寝かせてうなじを調べた。ぷるぷると震える青いゼリーは、前に見たときよりずっと大きく膨らんでいた。少年のうなじの皮膚が裂け、白く透き通った骨格が見えていた。ゼリーは、骨格の奥からはみ出してきているようだった。

私は両手でゼリーを寄せると、とにかく皮膚の裂け目に押し当てた。すると、少年のけいれんは小さくなって、やがて収まった。

私は、少年が静かになった後も、ゼリーを押さえ続けていた。

光が射し込む。
雨の音がする。

しまった。
私は一気に跳ね起きた。

私の視線が、黄金の瞳に捕まる。
僅かに大きく開かれた眼は、すぐに柔らかく細められる。起こしちゃいましたか、と語りながら、テレビにリモコンを向ける。
砂嵐が黒く塗りつぶされ、雨音は止んだ。

私は、膝の上に丸まった毛布をたぐり寄せて、固く握り込む。
不思議な面持ちの少年を適当になだめて、少年に首筋を見せてもらう。そこには、ゼリーも皮膚の裂け目も、無くなっていた。
私は無意識に、首筋に指を這わせていた。うなじはびくん、と震え、大きな悲鳴も上がる。少年が、驚いて目を丸くしていた。

【小説】劣化「させられる」ロボット

家族がくつろぐ、リビングルーム。
その隅に、大きな布が被せられた家電がある。
十歳台前半の少年を模した、ロボットだった。

ロボットがこの家にやってきたのは、7年ほど前だった。

たくさんの洋服を買い与えられ、毎日とっかえひっかえ着せ替えられた。そして休日には、オーナーたちに連れられて頻繁に外出した。

しかし、しばらく経つと、ロボットに変化が現れた。
外装のプラスチックは染みのように醜く黄ばみ、やがてべたついてきた。髪の毛の色は、透き通るような赤色だったものが濁り、黒ずんできた。

オーナーたちは、ロボットの為に服を買わなくなった。ロボットを連れて外出することも、無くなってしまった。

ロボットは、それでも変わらずに明るい少年を演じていた。身体の外見が劣化してきても、初めて家に迎えられた時と変わらずに、どこまでも明るく振る舞っていた。

ロボットは、見た目が悪くなってしまったために、外に出ようよ、遊びに行こうよ、という願いはなかなか叶えられなかった。それでも、家事手伝いをしながら、オーナー一家にとけ込んでいた。

ロボットが迎えられてから5年目、ファームウェアアップデートの為に、ロボットはショップに一晩預けられた。
ショップから帰ってきたロボットは、一見なにも変わっていないように見えた。

しかし、1ヶ月、2ヶ月と経つと、ロボットは次第に口数が少なくなり、暗い表情を見せることが多くなった。ますます黄色く、醜くなる外装の色が、陰鬱な雰囲気に拍車をかけた。
6年目に入る頃にはオーナー一家もすっかり気が滅入ってしまい、ロボットは充電されないまま、布を掛けられて放置されるようになった。

7年目の今、ロボットの上に掛けられた布には、何冊ものカタログが重ねられている。カタログには、先日発売されたばかりのロボットたちが、きらびやかに描かれていた。


家庭用のロボットを製造する会社は今、空前の利益を上げている。
次から次へと、ロボットが売れていくからだ。

新しいロボットを売りたいのであれば、古いロボットに価値があっては困る。

外装部には安価で劣化しやすい素材を使用し、醜く変質していくに任せることにした。
それでも買い換えないのであれば、ファームウェアをいじってでも商品価値を無くす。

消費者はやがて古いロボットを見捨て、手頃で新しいロボットに手を出すことになる。


もちろん、消費者全員がこの戦略に賛同しているわけではない。ロボットに思い入れを持ち、修復して使い続ける人たちもいる。
彼らのニーズに応えるため、古いロボットを、ハードとソフトの両面から改造して再生する業者が散在している。
しかし、巨大企業に価格面で対抗できず、現状ではニッチな分野に留まっている。

しばらくは、この流れが続くだろう。
大量のロボットたちを使い捨てて。