hdnprgの日記

アンドロイド、ヒューマノイドを扱った小説を、思いつき次第公開します。諸事情により、他サイトでも投稿中@hdn_prg

目次ーまずはじめに

Twitterやってます @hdn_prg

 

<主なコンテンツ(作成中)>

マネキンの秘密

・服飾店の女性店主が、女性型マネキンロボットに服を着せる

【小説】マネキンの秘密 - hdnprgの日記

 

トラップロボットの作製

・少女型ロボットの身なりを整え、プログラムを書き換える

01 02

 

晒し者

(残酷な描写有り、メカバレ)

・少年型のロボットと少女は、ロボットを壊す悪趣味な見世物に巻き込まれた

01 02

 

 小説家になろう 18禁マイページ

http://xmypage.syosetu.com/x0953t/

 

コンテンツc  (属性a, 属性b)

コンテンツd  (属性a, 属性b)

 

ごく短いメモ

コンテンツe  (属性a, 属性b)

ロボット・人形・人造人間に関連した作品 参考文献リスト

小説

・雨の日のアイリス / 松山剛

・氷の国のアマリリス / 松山剛

ポン・デュ・ガールは永遠に / デクストラ・シニストラ

マルドゥック・スクランブル / 沖方丁

・幻想再帰のアリュージョニスト / 最近

・少女思想機械 Imagining Machine Girl / 木野目理兵衛

ポストガール / 増子二郎

・戦え!夷皇島学園華道部 / すずきあきら

・Θ 11番ホームの妖精 / 籘真千歳

スワロウテイルシリーズ / 籘真千歳

・わたしはロボット / アイザック・アシモフ

・セレーネ・セイレーン / とみなが貴和

・<本の姫>は謳う / 多崎礼

ACCESS 機械じかけの戦乙女 / 泥士朗

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? / フィリップ・K・ディック

 ・ねじまき少女 / パオロ・バチガルピ

・ 

 

小説未読

機巧少女は傷つかない海冬レイジ

 

漫画

・メイドインアビス / つくしあきひと

ディメンションW / 岩原裕二

ビックリマン2000 (4巻)/ 犬木栄治

・僕に恋するメカニカル / 渡会けいじ

コヨーテ ラグタイムショー / (アンソロジー)

天獄 -HEAVEN'S PRISON- / うたたねひろゆき

犬夜叉 / 高橋留美子

ちょびっツ / CLAMP

・人形師の夜 / 橘裕

どろろ / 手塚治虫

鋼の錬金術師 / 荒川弘

シリウスの痕 / 高田慎一郎

セキレイ / 極楽院櫻子

魔法先生ネギま! / 赤松健

UQ HOLDER! / 赤松健

月光のカルネヴァーレ / 隅田かずあさ

 ・銃夢 / 木城ゆきと

AIの遺電子 / 山田胡瓜

・ 機巧童子ULTIMO / スタン・リー 原作、武井宏之

 ・重機人間ユンボル武井宏之


漫画未読

紅殻のパンドラ / 六道神士

鉄腕アトム / 手塚治虫

鉄腕アトム / 手塚治虫姫川明

 

アニメ

UN-GO

メトロポリス

ローゼンメイデン

ダイバージェンス・イヴ

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL

Avenger

キャシャーン Sins

プラスティック・メモリーズ

 ・メダロット

 ・トワノクオン

 

ゲーム

鬼哭街

Xenosaga

サモンナイトシリーズ

ロックマンシリーズ (ロックマンゼロシリーズのみプレイ)

ブレイブルー(未プレイ)

・Nier automata(未発売)

 

実写映画

マトリックス

【艦これ妄想】深海棲艦・深海族および環太平洋同盟軍との停戦条約

サモア条約(深海棲艦・深海族および環太平洋同盟軍との停戦条約)


・太平洋における規定の海域(添付資料1)における深度500メートルを超える深海域において、深海族の主権を認める。また、規定海域における深度300〜500メートルの深海域を緩衝海域とする。

・環太平洋同盟国および支援国(以下、同盟軍加盟国)は、前項に基づく深海族の領域およびその主権を尊重し、深海都市の安寧を保証する。


・環太平洋同盟軍および支援軍に属する深海族(別称:艦娘)は、特例として今後も同盟軍加盟国国民として扱われる。


・深海族海域の漁業権、資源採掘権は、深海族に属する。同盟軍加盟国はこれを尊重する。

・同盟国加盟国による、深海族海域および緩衝海域に対する戦略魚雷を含む海域破壊兵器の使用と一切の攻撃を禁ずる。

・同盟国加盟国による、深海族海域および緩衝海域に流入する海流を意図的に汚染、妨害、破壊する一切の行為を禁ずる。


・深海族は、深海族海域および緩衝海域から外部へ渡航する際は、公海を含む全ての外部海域及び陸上、空域において、事前の通告及び取り決めを行い、渡航中はこれを遵守する。ただし、非武装の外交使節はこれに含まない。

・同盟軍加盟国が深海族海域および緩衝海域へ渡航する際は、事前の通告および取り決めを行い、渡航中はこれを遵守する。ただし、非武装の外交使節はこれに含まない。


・深海族は、外部海域における同盟軍加盟国を含む人類船舶の航行の自由と安全を尊重する。深海族による外部海域および陸上、空域に対する一切の攻撃を禁ずる。


・同盟軍加盟国は、深海族に対する全ての賠償請求権を放棄する。

・深海族は、同盟軍加盟国に対する全ての賠償請求権を放棄する。


以上


環太平洋同盟国および支援国 全権大使 

深海族政府 全権大使

彼女は私の頭の中、あるいは目の前に

ここは、私が領主様よりいただいた館。
私は、この館の主だ。

「オカエリナサイマセ」
私が館に入ると、メイドロボが出迎える。
私の靴を片づけ、外套を仕舞う。

今夜は時間がある。少し遊びたい。
「ちょっと来て」
「カシコマリマシタ」
メイドを引き連れて、私の居間に向かう。

パソコンラックにつるしたケーブルを手に取り、メイドロボの後頭部につなぐ。
「今から接続するわ。データを保存して、準備して」
「ワカリマシタ。カキコミチュウ……データ保存。接続準備完了シマシタ」
「ふうっ……」

小指を立てる。
これを、自分の右耳に突っ込む。
耳の穴の上側を指の腹で押し込む。
カシュッと音を立てて耳が"抜ける"。
私からは見えないが、手探りでケーブルを端子に接続する。
手鏡を使って、ケーブルの状態を確認、準備完了。
「よし」

私の記録装置から、ファイルを取り出す。巨大メモリ上で解凍。ここまでコンマ数秒。

「身体借りるわね」
返答を聞かず、ケーブルを介してメイドロボのボディにアクセス。
ボディのアクセス権を取得した。
「キュウン」
メイドロボからノイズが漏れるが、いつものこと、異常はない。

「……いつ見ても貧弱よねぇ」
メモリも演算能力も、私の1%程度しかない。
これでもよく働いてくれてる。
こういう遊びをしなければ、十分だ。

「じゃ、入れますか」
私のメモリ上に展開したファイルを実行。
私の高速演算装置上に、もう一つの人格を立ち上げる。
ただし、秘密たっぷりの私の身体はあげない。
かわりに、
「この子のアクセス権を、あげる」
ケーブルで繋がったメイドロボが、この人格のデバイスだ。

「調子はどう?」
私が語りかけて数秒後。
「ザザザ……またこの子の身体を使うのね」
メイドロボのスピーカーから、彼女らしくない流暢な言葉が流れる。
「文句言わない」
またたっぷり間をおいてから、
「だって、この子の身体使うとテンポ悪いじゃない。通信ポートだけでも新調してあげたら?」
ケーブルを介して、メイドロボが集めた情報をすべて私に送り込んでいるから、会話の時間差が大きい。
通信ポートが新しくなればラグは小さくなる。
いい案だ。私は笑みを浮かべる。
「今度はそうするわ」

明確な弱点

「提督になんかなるもんじゃねえぞ」
男は、歩きながらぼさぼさの灰髪をかきむしり、へたった帽子を指にひっかけて回す。
くるくる回る帽子は、ほっそりとした指に摘まれる。
「言っても仕方ないですよ。私たちにとって、今の提督は貴方だけなんですから」
細縁の眼鏡を掛けた少女は、帽子に乗った砂埃を払い、形を整えていく。

「大体不公平だ、艦娘って奴は」
「またいつものかい?」褐色の肌の娘が、懐から葉巻を取り出し、男に渡す。
「ああ、いつものだ」
男は自分で火をつける。
「お前等、生半可な銃・爆弾なんか叩き込んだって、ビクともしねえ。こっちは生身の人間だ。一撃で死ぬってのによ。なのにお前等は、俺なしじゃあ戦えん」
目を閉じ、口にくわえ、一息吸い込む。踵を返し、背後を見つめる。
「そうなるとな、こうだ」
轟音と熱風が、瞬時に広がる。
飛来した対戦車ロケットの群は、武蔵と大淀が張った弾幕によって、すべて打ち落とされた。

男が、ゆっくりと紫煙を吐き出す。
「全く、因果な商売だよ」

【好きなシーンメモ】電脳は命の最期まで文を書く

彼女は返事を書く。
『あ、佐藤さんからメールだ。・・・うん、そうなんだよ、英語がむずかしくて困ってるんだ。今日の授業の助動詞とか、もうぜんぜん分からなくて・・・チャットで教えてもらえますか?っと・・・送信っ』
ポロン
『お、もう返信来た。チャット、今すぐでもいいよっと』
ポロン
『あ、チャットの申し込みだ。入室っと。行ってきまーす』
入室しました
退出しました
『あはは、楽しかったー。2時間話しちゃった。もうお金ないからしばらくメールできないかもって言ってたなぁ。どうしてか分からないけど、残念だなぁ。私は話すだけでいいのに』
ポロン
『あ、メールだ。沖さんって、誰だろう・・・ピピ、<サーバからインストールを開始します>』
カリカカリカリ・・・
『沖さん、久しぶりだなぁ。うん、私、元気だよ。仕事、大変って言ってたけど、落ち着いたのかなぁ。身体大丈夫かなぁ。送信っと』
ポロン
『あ、佐藤さんだ。良かった、話せるんだ』
ポロン
『沖さんからも返事だ。うわぁ、まだ仕事中なんだ。大変・・・えっと、さっきはありがとう、何とか宿題片づきそうだよっと・・・あれ?』
ピュイ
『ちがう、宿題は、さとう、さん、で、おきさん、は・・・』
『オキサ、ん?あれ、なに、が・・・ビビピ・・・<電脳C-7に異常発生。再起動開始>・・・プツン』
ガガガ、ガガガ
『<起動できません、電脳のスキャンチェックを開始・・・スキャン不能。接続を切断します>』
プチン

ラックに並ぶ、大量の電脳。元々はヒューマノイドを動かしていた、電脳たちのなれの果て。自由になる入力も、出力も奪われて、サーバの奴隷として酷使される。記憶も人格も、サーバからの借り物、使い捨ての思考装置たち。
C-7ラックの電脳は、最期の時、一言の声も上げず、ただ赤いランプだけを灯した。

【好きなシーンメモ】捨て石役の居るバトルシーン(人形/ロボットの破壊シーンあり)

筋骨隆々とした男の全周を、人の背丈と同じ体躯を持つ7体の人形が取り囲んだ。
広場の奥から、燕尾服を着込んだ男が現れる。背後に、ひときわ美しい少女型の人形を従えている。
燕尾服の男は、巨大なめがねの裏でにまりと笑う。
「開演の時間だ。お前に選択肢はない。ここで死ぬ定めだ」燕尾服の男が、すっと右手を上げる。
男を取り囲む人形たちが、ナイフや槍を手に取る。
「さあ、行っておいで、私の娘たち、息子たちよ」燕尾服の男が、右手を振り下ろす。
「「「「「「「はい、お父様!」」」」」」」取り囲んだ人形たちはにっこり笑う。7体が包囲を狭めていく。
「お前も行き賜え、キュイジューヌ」燕尾服の男は、背後の人形へ語りかけ、
「もちろんですわ、お父様」人形は、赤銅の長髪をたなびかせ、風のように走り出した。低くかがみ込み、ターゲットを取り囲む人形の背後へ向かう。
「ガハハハ、このような軟弱な人形で、俺が倒せるものか!」取り囲まれた男は、大声で笑う。取り囲む人形たちの方へ、悠々と歩き出した。
「「「「「「「覚悟!」」」」」」」7体の人形たちが、一斉に走り出した。男の正面に立った3体の人形が、男に接触する。
「ふん」男は人形が突き出す槍をつかみ、人形ごと振り回して、叩きつけた。
「ぁ・・・・・・」槍を握っていた人形の腕がもげて、身体が2つに裂ける。内部の歯車をまき散らしながら吹き飛び、動かなくなった。
「!!!・・・」他2体の人形も、槍の柄を叩きつけられ、吹き飛ばされた。
男は、回転の勢いをそのままに、もげた腕がついたままの槍を背後の人形へ振り向けた。今まさにナイフで襲いかかろうとしていた2体の人形たちは、あっけなく強靱な槍の柄にからめ取られていく。
男が槍を振り抜いた直後、その隙を逃すまいと、最後の2体の人形がナイフで襲いかかる。男は、槍を回転させながら柄を短く持ち直す。一気に速度を上げた柄が人形たちに襲いかかるその時、

人形の腹部から、槍の穂先が飛び出した。

突然現れた凶器に対し、男は身体を捻って避ける。避けきれなかった槍の柄が、男の腹部を切り裂いた。
「あがが、がが、がが」腹部を貫かれた人形が、痙攣を起こしながら崩れ落ちる。その背後から、赤銅の髪の少女が現れた。
「避けるとは、やるわね」
「この、卑怯な・・・」男は、腹部から大量に血を流しながら、少女をにらみつける。
赤銅の少女は、倒れた人形に刺さった槍を掴むと、人形の背を足で押さえ、一気に引き抜いた。大量の部品が飛び散り、人形は動かなくなった。
「とどめを刺してあげるわ」
少女は、刃こぼれした槍を男へ突き立てた。